海外の不動産投資で得られるメリット

不動産投資

海外の不動産投資で得られるメリット

株式投資にはない、実際のものである不動産投資だからこその醍醐味として、減価償却を利用することで節税に対する効果を手にできる点があります。
外国の不動産所有に関しても国内の住居者であるというようなケースでは、税制で国内や外国の区分はなく、減価償却を利用することにより、買い入れた不動産の建物自体を耐用年数で振り分けて、国内で費用計上できます。
不動産所得申告では、賃貸料利益を出すための管理費もしくは補修費などに併せ、建物そのものの減価償却費についても不動産所得より引くことが可能なようになり、税務の不動産所得を大きく抑止することが実現可能です。
減価償却費を計上することによって、不動産所得で赤字を出してしまうケースは多く見受けられますが、不動産所得は給与など別の所得といわゆる損益通算についてもできます。
ですから、不動産投資において、国内の税制を活かし、国内で支払っている所得税などを節税でき、高所得者であればその利点はなお一層拡大します。

最新記事